ようこそ! 「家庭菜園作りと育て方:初心者のためのABC」へ
ポータルトップ >  家庭菜園の野菜  > 収穫した野菜の保存と呼吸


収穫した野菜の保存と呼吸

スポンサードリンク

アドセンス

家庭菜園で、手塩をかけて育てた野菜たちです。少々虫に食われたキャベツやホウレン草、ちょっと曲がったキュウリ、太さがまちまちの大根など、自分の家庭菜園で採れたものはどれもおいしいはずです。自分で育てた野菜なら、農薬の心配もなく安心して食べられますよね。

収穫した野菜をあますところなく有効利用し、おいしく食べるのも、家庭菜園の大切な一部です。収穫したらできるだけ早く、私たちの身体に取り込んでしまうことが第一ですが、そうとばかりはいえません。したがって、野菜を新鮮に保存することが大切になるのです。

野菜の呼吸

野菜も人間と同様で、呼吸をすることで生命を保っています。根や葉を失うと、もはや外から栄養を補給することができなくなりますから、自分のなかに蓄えた栄養分を消費して生きていくことになります。つまりそれだけ栄養成分が失われ、味も落ちてしまいます。
呼吸を抑えるためには、収穫した野菜をなるべく早く冷却することが大切です。適度に酸素や炭酸ガスを通る、保存に適当な専用のプラスチックフィルムの袋に入れて密封するようにします。
*一般のビニール袋では、完全な密封状態となってしまい、野菜は酸欠で窒息してしまい、逆効果です。

野菜の水分
水分が失われることも野菜の品質低下の大きな要因です。たとえば、キュウリ、ナス、ホウレン草などは、水分が急速に失われてしまいがちな野菜です。一方、大根やトマトなどは比較的水分を保ちやすい野菜といえます。

野菜の呼吸を適度に抑制し、水分を保つようにすることが野菜を新鮮に保つ鍵です。

スポンサードリンク

アドセンス