ようこそ! 「家庭菜園作りと育て方:初心者のためのABC」へ
ポータルトップ >  家庭菜園の育て方  > 家庭菜園の11月から12月の育て方


家庭菜園の11月から12月の育て方

スポンサードリンク

アドセンス

新鮮な緑黄色野菜が少なくなってくる時期です。家庭菜園でちょっと工夫することでいつでもおいしい野菜を食卓で楽しむことができます。ヨシズなどで片屋根にして北風を防いではどうでしょう。春菊、ラディッシュなどが青々として、好きなときに好きな量だけ収穫できます。これこそ家庭菜園の醍醐味ですね。

11月
・カリフラワーは外側の葉で包み、しばります。こうしておけば、食用になる花蕾の部分が葉の中で真っ白に美しく成育します。
・サツマイモ、里芋、ショウガなどは、乾燥した日のあたる場所に穴を掘り、50センチほどのところに埋めて貯蔵します。

12月
この時期は、もう種まきは無理です。土がゆっくりと休み、次の季節に向けて力を蓄える時期です。空いているところには、石灰をまきます。1平方にお茶わん1杯ほどの割合がいいでしょう。しっかり耕し、寒さにさらすことが大切です。
・ホウレン草、春菊、カリフラワー、それにイチゴは、植えたまま冬越しします。北風に吹きさらしにならないよう、北側を囲ってあげるといいですね。
・カリフラワーは、乾燥がひどいと外葉が巻き込み、花蕾の肥大が停止してしまいます。これが「チャボダマ」と呼ばれる現象です。これを予防するために適宜水やりをしましょう。
・ホウレン草は、早いうちから間引きして順次収穫していきます。
・イチゴは、畑が乾けば水をやります。この頃の乾燥は、根の伸長を妨げ、肥料あたりを起こす原因にもなります。

スポンサードリンク

アドセンス