ようこそ! 「家庭菜園作りと育て方:初心者のためのABC」へ
ポータルトップ >  家庭菜園の育て方  > 家庭菜園の1月から3月の育て方


家庭菜園の1月から3月の育て方

スポンサードリンク

アドセンス

若い方も含め、家庭菜園を楽しむ人が増えています。1年を通して計画的に菜園作りを進めるために、土作りから種まき、収穫まで、どのように「わが菜園」を管理すればいいのでしょうか? まずは1月から3月までにすべきポイントを幾つか確認しておきましょう。

1月
1月には、苗床の土作りをしましょう。田んぼの土が手に入れば理想的です。寒気にさらしてよくほぐし、腐葉土などを混ぜ、すきこんで積み上げます。このような土は家庭菜園だけでなく、一般の草花や観葉植物を植える土としても利用できます。鉢植え用には、この土のなかに1割ほどの油粕や鶏糞などをすきこみます。この時期には、道具の手入れをしておくことが大切です。

2月
・2月~3月にかけては、ジャガイモの種イモを入手し、日の当たる場所に置き、1月に作っておいた土をかぶせ、さらにその上からむしろでおおって芽を出させます。
・小さな温床(フレーム)を作りましょう。そのなかにサラダ菜、レタス、パセリなどの種をまき、ビニールでふたをします。夜はその上からむしろでおおい、ビニールシートをかぶせて防寒します。

3月
・ジャガイモは、3月中旬までには種イモから出た芽を、ひとつの断片にひとつずつ芽をつけるようにして切断し、切り口に灰をつけて植え込みます。
・3月末には、春菊、小かぶ、ホウレン草、はつか大根などの野菜類を菜園に直接まきつけます。
・玉ネギ、イチゴなどは、春のめざましい成長にそなえて、鶏糞、化成肥料を与えてあげましょう。

スポンサードリンク

アドセンス