ようこそ! 「家庭菜園作りと育て方:初心者のためのABC」へ
ポータルトップ >  家庭菜園の育て方  > 家庭菜園の7月から8月の育て方


家庭菜園の7月から8月の育て方

スポンサードリンク

アドセンス

7月から8月にかけての夏のこの時期、家庭菜園では、野菜たちの生育も盛んになる一方で、虫たちの活動もましてきます。病害虫防除も早めにしましょう。紫外線も強くなります。日射病に気をつけ、無理をせずに楽しく作業を進めましょう。その一方で、秋まき野菜の準備も始めます。忙しい季節です。

7月
・春菊やインゲンなどの種をまきます。高冷地では夏まきほうれん草なども良いですね。
・箱植えしたパセリや三つ葉は、朝の間だけ日のあたる陰地へ移動させます。病害虫防除を早めにします。
・ウリ類の畑には、わらを敷きます。土の乾燥を防ぎ、ドロのはねかえりがつかないようにする効果があります。ドロのはねかえりは病気を伝染するもとになります。ヘチマやひょうたんなどは早めに棚を作ってあげましょう。

8月
種をまいた野菜の苗がどんどん込み合ってくる時期です。数回にわけて間引きをしましょう。一度にごっそり間引いてしまうと、残した株の根が傷みますし、苗床が乾燥しすぎて枯れてしまうこともあります。
季節は夏本番ですが、菜園では秋の準備も開始します。秋まきの野菜、小松菜、ホウレン草、春菊の種を入手して用意しましょう。
・5月まきのセロリ、6,7月まきのブロッコリーやカリフラーなどのキャベツ類は畑に定植します。
・苗床のイチゴは、さらにツルを伸ばし、その先に孫株ができてきますので、見つけ次第取り去ります。苗用の株だけを残して太らせるのです。

スポンサードリンク

アドセンス