ようこそ! 「家庭菜園作りと育て方:初心者のためのABC」へ
ポータルトップ >  家庭菜園の育て方  > 家庭菜園の9月から10月の育て方


家庭菜園の9月から10月の育て方

スポンサードリンク

アドセンス

一日一日と日あしも短くなり、秋風が気持ちよくなってくる時期です。夏の猛暑のなかでの作業は大変でしたが、ずいぶんと楽になります。家庭菜園では、本格的な寒さの到来を前に、秋の作業に入ります。寒冷地ではあっという間に寒くなってしまいます。種まき、育苗、定植、となかなか忙しい時期です。冬が来る前に寒さ対策を完全にしましょう。

9月
夏の猛暑が去り、ほっとしている間もなく、家庭菜園では寒さ対策を考える時期になります。彼岸までには種をまき終わるように計画を立てましょう。ことに寒冷地では、9月上旬には種まきをすませ、日陰で育苗します。9月末には畑に定植できるようにします。
・ホウレン草、春菊、小かぶなどの種をまきます。
・キャベツ類は定植します。
・落花生は、株の両脇に土を置いてあげるとよいです。
・イチゴの苗もそろそろ畑に定植してあげましょう。苗と苗の間は、20センチほど間隔をあけます。

10月
冬から春に収穫時期を迎える葉菜類は、この時期、堆肥などでしっかり肥培します。やせていると寒さに弱いのです。
・この時期には、ニンニクが植え時です。食用のゆり根の植え込みもこの時期です。
・春まきのセロリは外葉で包むようにし、紙を巻いておくと白くて美しい若芽ができます。
・イチゴの苗の定植も引き続き行って良い時期です。
・この時期、エンドウやソラマメをまいても良いですね。冷涼な気候を好み、寒さに強い野菜です。粘質で乾きにくい畑に適しますが、プランターなどに作って花をめでながら育ててみるのもまたいいものです。

スポンサードリンク

アドセンス